<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

第1回「あなたが選ぶサッカースーパープレイ」・アンケート結果
1位 ジダンのスーパーボレー
2位 リバウド・伝説のオーバーヘッド
3位 ベルカンプ・W杯アルゼンチン戦の芸術的ゴール

第2回「あなたが選ぶサッカースーパープレイ」・アンケート結果
1位 ロベルトカルロス・伝説のFK
2位 中田英寿・セリエAデビュー戦2得点
3位 バッジオ・超絶トラップ

【城彰二のテクニック動画教材】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.06 Sunday | - | - | -

クーマン・サンプドリア戦の決勝FK <91−92 チャンピオンズカップ決勝>

リベロと聞いて思い出す選手・・・ベッケンバウアー、バレージ、マテウスなど
人によって様々であろう。

現代サッカーでは絶滅の危機に瀕するこのポジション、しかし80年代〜90年代初頭のサッカーの歴史を振り返ると、偉大なプレイヤーたちが多く名を連ねていることがわかる。

その中でも、「牛殺し」との異名を持つ強烈なフリーキックでゴールを量産したロナルド・クーマンの名前を忘れてはならない


91−92シーズンのチャンピオンズカップ(現在のチャンピオンズリーグ)決勝、バルセロナvsサンプドリア。

試合は0−0のまま延長戦に突入。
その延長後半10分、クーマンが決めた強烈なフリーキックがバルサを初のヨーロッパチャンピオンへと導く



いや〜なつかしい^^
サンプドリアの壁にはマンチーニ、トニーニョ・セレーゾらの姿も確認できる。

このクーマンの決勝ゴールは、クライフ・バルサの黄金期の中でも大きな歴史的意味を持つことは確かだ。

                                written by yasutaka

追伸1
バルサ黄金期の終焉は→サビチェビッチ・バルサの夢を砕くループシュートをご覧ください。

追伸2
クーマンは、この伝説のフリーキックを始め、ディフェンダーながら通算356ゴールというとてつもない記録とともに1997年に現役を退いた。
2007.07.16 Monday | スーパープレイ・フリーキック編 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.06 Sunday | - | - | -
<< 中田英寿・伝説のヨッシャ <セリエA 00-01 第29節 ローマvsユヴェントス> | main | おれにも語らせろ!サッカースーパープレイ >>
コメント
そっくりのゴールが1994USA予選であった。
UEFA地区予選・グループ2は6チーム中、ノルウェーが独走。1993年10月13日の第9節、2位ENGと3位NEDの直接対決がロッテルダムで行われた。結果は2−0でオランダの勝利。決勝ゴールはクーマンのFK。決勝点が入る前のイングランドの攻撃中、クーマンはペナルティエリア内で相手選手を引きずり倒した。明らかに赤+PK。しかしプレーは流される。直後、本来グラウンドにいるはずの無い人物がFKを決める。
同じ日にパリで仏がイスラエルに破れ、これが一ヵ月後の悲劇を招くことになる。
また二日後、ドーハでアジア最終予選が始まり、日本はサウジと引き分け・・・(以下略)
| シニョーリの嫁 | 2007/07/16 11:54 PM |
>シニョーリの嫁さん

補足していただきありがとうございます。
クーマンのイングランドを沈めた2ゴールは実際に見たことなかったので勉強になります。

>パリで仏がイスラエルに破れ、これが一ヵ月後の悲劇を招くことになる。

そういえばありましたね!
ドーハの悲劇に隠れて忘れがちですが、確かフランスもイスラエル、ブルガリアと悪夢のような連敗を食らってW杯に出場できなかったんでした。
まあどっちかって言うと、日本よりもフランスの方が悲劇と呼ぶにふさわしい?
| Yasutaka | 2007/07/17 12:54 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soccer-video.jugem.jp/trackback/65
トラックバック