<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

第1回「あなたが選ぶサッカースーパープレイ」・アンケート結果
1位 ジダンのスーパーボレー
2位 リバウド・伝説のオーバーヘッド
3位 ベルカンプ・W杯アルゼンチン戦の芸術的ゴール

第2回「あなたが選ぶサッカースーパープレイ」・アンケート結果
1位 ロベルトカルロス・伝説のFK
2位 中田英寿・セリエAデビュー戦2得点
3位 バッジオ・超絶トラップ

【城彰二のテクニック動画教材】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.06 Sunday | - | - | -

ロナウジーニョの"腰ふり"スーパーゴール<04−05 CL バルセロナvsチェルシー>

04−05シーズンのチャンピオンズリーグは、決勝トーナメント1回戦で本命バルセロナとチェルシーが対戦。

ファーストレグ、ホームで2−1と勝利したバルサはアウェイで苦戦する。

前半チェルシーの早いカウンターにDF陣が崩壊。
試合開始19分で3点を失う展開。

なんとか落ち着きを取り戻したバルセロナは、前半27分にPKをロナウジーニョが決め1−3。

そして問題のロナウジーニョの"あの腰ふり"は前半38分のことだった。
(たぶん試合を見ていた人は、もっと遅い時間帯のような感覚があると思う。)

ゴール前でイニエスタからのパスを受けたロナウジーニョが相手選手に囲まれながら、放ったこのシュート。



腰ふりを1発入れて、何をするのかと思えばまさかノンステップでシュートを打つとは。。。

チェルシーのGKツェフやDF陣、そしてテレビで観戦していた私も全く反応できなかった絶妙のタイミングである。

「なに今の!?」

ゴールから少し遅れてじわじわと鳥肌がたってきたのは、解説セルジオ越後さんの

「すばらしいぃぃ〜」

の絶叫が聞こえきたのとほぼ同時だった。


しかしこのゴール、何と表現すればいいのだろう。

キックはアウトサイドかトゥーキックのように見える。
そのテクニックはすばらしい。

しかし何よりこのタイミング! これがすべてだと言ってもいい。

例えばスーパーゴールに通常使用される修飾語として、「華麗な」とか「豪快な」とか「芸術的」と言った言葉は、このロナウジーニョのゴールには不適切だ。

異質・・・あるいは「次元の違う」といったような言葉がふさわしい。

                                written by yasutaka

追伸
ロナウジーニョのゴールで2−3、トータルスコア4−4。アウェイゴール差で優位に立ったバルセロナだが、後半テリーのヘッドで再び勝ち越され敗退。
2007.07.08 Sunday | スーパープレイ・アクロバティック編 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.06 Sunday | - | - | -
<< ガスコイン・驚愕のリフティングボレー!<EURO96 イングランドvsスコットランド> | main | 中田英寿・伝説のヨッシャ <セリエA 00-01 第29節 ローマvsユヴェントス> >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soccer-video.jugem.jp/trackback/63
トラックバック