<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

第1回「あなたが選ぶサッカースーパープレイ」・アンケート結果
1位 ジダンのスーパーボレー
2位 リバウド・伝説のオーバーヘッド
3位 ベルカンプ・W杯アルゼンチン戦の芸術的ゴール

第2回「あなたが選ぶサッカースーパープレイ」・アンケート結果
1位 ロベルトカルロス・伝説のFK
2位 中田英寿・セリエAデビュー戦2得点
3位 バッジオ・超絶トラップ

【城彰二のテクニック動画教材】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.06 Sunday | - | - | -

バッジオの終了間際のゴール <'94W杯 決勝トーナメント準々決勝>

今回紹介するのは、'94年ワールドカップ 決勝トーナメント準々決勝 イタリアvsスペインのバッジオのゴールです。

ナイジェリア戦でのもう1つのゴールはいい動画がなかったので最後に紹介します。

ということでナイジェリアを下して、準々決勝の相手はスペイン。

イタリアはD.バッジオのミドルシュートで1対1、ナイジェリア戦と同じように後半終了間際、またもや延長戦かと思ったとき、このゴールが決まりました。



イタリアは攻められていて、スペインのウイングの突破をDFがうまく体を入れ、1対1を制す。
そこから2本の簡単なパスでセンターサークルあたりまで、ボールを進める。
前線にいるのはバッジオのみ。
そのとき横にいたシニョーリがうまいこと縦に走り、スペインDF2人の頭を越すパスをもらう。

スペインの最終ラインDF2人がシニョーリにつめるが、シニョーリがワンタッチで横を走るバッジオとキーパーの間へ倒れながらパス。

そこでバッジオの方がキーパーより1歩早く、ワンタッチ目でGKをアウトでかわす!
バッジオはその後すぐシュートしたかっただろう。
しかしワンタッチ多く触ってしまう。

ゴールとの角度がなくなるが、ここで決めるのがバッジオです!

なんでこんなギリギリになるのか(笑
そこがバッジオの良いところでもあるんですが・・。

でもトップスピードでこのプレーですからね・・素晴らしい。

お手本にしてもらいたいようなカウンター攻撃ですね。
個人的には2006年ワールドカップ直前の日本対ドイツのカウンターからの高原のゴールと似てますね。
比較するなという声も聞こえてきそうですが(笑

結局この試合も2対1でイタリアが勝利!
次は準決勝ブルガリア戦です。

それでは!

                                  written by Ohtsuka

追伸
この試合のハイライトを見たい方はこちら
2007.02.16 Friday | スーパープレイ・ドラマチック編 | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2009.09.06 Sunday | - | - | -
<< ベルカンプの芸術的ゴール<'98W杯 アルゼンチン戦> | main | 難易度高し!カントナのハーフボレー<95−96 FAカップ決勝> >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soccer-video.jugem.jp/trackback/5
トラックバック
ディポルティボ・ラ・コルーニャのアドリアン・ロペスは大物になるバイエルンは獲りに行くべきだ
| サッカー | 2007/04/04 7:27 AM |