<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

第1回「あなたが選ぶサッカースーパープレイ」・アンケート結果
1位 ジダンのスーパーボレー
2位 リバウド・伝説のオーバーヘッド
3位 ベルカンプ・W杯アルゼンチン戦の芸術的ゴール

第2回「あなたが選ぶサッカースーパープレイ」・アンケート結果
1位 ロベルトカルロス・伝説のFK
2位 中田英寿・セリエAデビュー戦2得点
3位 バッジオ・超絶トラップ

【城彰二のテクニック動画教材】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.06 Sunday | - | - | -

バイエルンvsミラン<チャンピオンズリーグ準々決勝2nd leg>

バイエルンvsミラン(0−2)

両チームとも状態がイマイチということでそんなに期待はしていなかった試合だったが、予想以上に"アツい"試合となった。

バイエルンが土壇場で2−2に追いついて優位にたったファーストレグ。
迎えたホームのセカンドレグでは、ミランの強さ、うまさが光る試合であった。

bayern_milan

この試合のミラン、いつもの4−4−1−1というよりセードルフが攻撃的な位置に入り、4−3−2−1のクリスマスツリー型。

これが前半ピタリとはまる。

27分、バイエルンのミスを拾ったカカからボールを受けたセードルフがゴール正面から右にかわしシュート。

これがファーサイドに決まり、ミランが先制。

31分、今度はカカからセードルフがヒールに流し、オフサイドぎりぎり(?)で待ちかまえていたインザーギへ。GKカーンの神通力も通じず、インザーギが豪快に決め2−0!

絶好のパスを受けときのピッポ、息を2度3度吐きながらゴールに迫るすごい形相とゴールを決めた後の狂喜乱舞っぷりが印象的だ^^;

バイエルンは41分セットプレーからこぼれたボールにポドルスキーが必死に足を伸ばし、あと数十センチの距離まで迫るがジーダにキャッチされわずかに届かず。前半はミランのペースで終了した。


後半、オットルに代えサンタクルスを投入したバイエルンは、反撃に転じる。

と言っても、そこはドイツのチーム。

ゴール前にロングボール放り込む not fantasticな攻撃だが、これを「あきれるほど終始やりぬく」精神力を持つことで世界からリスペクトを受けるドイツサッカー。

「ゲルマン魂」という言葉が完全に消え去ったものではないことを感じさせるほどバイエルンの後半は迫力があった。

特にファン・ボメルの2本のミドルシュートは枠からはずれこそしたがすごかった。

もしかしたら・・・とバイエルンサポーターに期待を抱かせる、そしてミランに恐怖心を植えつける、さらに他のバイエルン選手に勇気を与えるに十分な・・・そんな強烈なミドル。

しかし肝心の点が入らず時間だけが過ぎていく。
ミランもミラン、マルディーニ、ネスタ、ガットゥーゾらが体を張ったディフェンスで固いイタリアサッカーを具現化してみせる。

もしここで1点を許し、2−1になったらどうなるかわからない。そんな怖さを十分知っている猛者たちなのだ。

必死に攻めるバイエルン、必死に守るミラン。
これこそがチャンピオンズリーグだ・・・そんなことを思っているうちに時計は45分をまわり試合終了。

非常に見ごたえのある後半だった。

スペクタクルだけがサッカーではない・・・そう思わせてくれた。

                                 written by yasutaka

追伸
バイエルンはやはりシュヴァインシュタイガーがいないことが響いたか。一方のミランはさすがと言える戦いぶりで、次戦の相手ユナイテッドも油断できない。この日偵察に訪れていたファーガソンも気を引き締めたに違いないだろう。
2007.04.12 Thursday | 日記 | comments(4) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2009.09.06 Sunday | - | - | -
<< バレンシアvsチェルシー<チャンピオンズリーグ準々決勝2nd leg> | main | バッジオ・超絶トラップ <セリエA 00-01 ブレシアvsユヴェントス> >>
コメント
お久しぶりです。まさです。                                         確かにシュヴァインシュタイガーの不在が痛かったと思います。                                                    個人的にはダイスラーの引退が一番の痛手だと思っています                           でもミランは勝負強いですね。
| まさ | 2007/04/13 8:52 PM |
>まささん
ダイスラーはドイツでは異色と言ってもいいクラッキでしたからね。早すぎる引退でした。
ミランの勝負強さ、「伝統の強さ」というのでしょうか。ただ、この伝統というのは一流と言われる選手達の地味な汗かきによって支えられている−そう感じた日でした。
| Yasutaka | 2007/04/14 1:30 AM |
来年のバイエルンは大変そうですね。ハーグリーブス、サリウハミジッチ抜けそうなので。
| shimada | 2007/04/16 8:23 AM |
>shimadaさん
もうこうなったら、チェルシーでイマイチなバラック呼び戻すしかないんじゃないですか^^;
| Yasutaka | 2007/04/16 5:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soccer-video.jugem.jp/trackback/33
トラックバック
リヴァプール、ミラン、勝ち抜け!!
| アマデウスの錯乱? | 2007/04/12 11:50 PM |