<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

第1回「あなたが選ぶサッカースーパープレイ」・アンケート結果
1位 ジダンのスーパーボレー
2位 リバウド・伝説のオーバーヘッド
3位 ベルカンプ・W杯アルゼンチン戦の芸術的ゴール

第2回「あなたが選ぶサッカースーパープレイ」・アンケート結果
1位 ロベルトカルロス・伝説のFK
2位 中田英寿・セリエAデビュー戦2得点
3位 バッジオ・超絶トラップ

【城彰二のテクニック動画教材】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.06 Sunday | - | - | -

チャンピオンズリーグ準々決勝 1st leg

いや〜チャンピオンズリーグ、ベスト8決戦の1回戦、すばらしい試合でした。
とりあえず3試合ほど見ました。

まず1日目、ミランvsバイエルンとPSV vsリヴァプール。ネームバリューから言ったら、断然ミランvsバイエルンを観戦といきたいところですが、両チームの現状を考えると・・・ということでリヴァプールの試合を観戦。

それから2日目、これはもうどちらも見逃せない試合ということで両方観戦。


ローマvsマンチェスターユナイテッド(2−1)

フォーメーション

この組み合わせ、試合結果も気になるところだが、個人的にC.ロナウドが"ホンモノ"かどうかをこの目で見てみたいという気持ちもあった。

昔は単なる「ドリブル小僧」だと位置づけていたC.ロナウドの世間の評判は最近高まるばかり。

リヨン戦で厳しいプレスを見せたローマ相手にどれだけやれるかでその評価を決めようと思っていた。

試合は、スコールズが前半2枚のイエローで退場という非常事態に!

2枚目のイエロー(34分)はトッティにうまくやられたって感じだった。

これで断然有利になったローマ。

前半44分にゴール前でトッティ→マンシーニとつなぎ、最後はマイナスの折り返しをタッデイがユナイテッドDFに当てながらもゴールに押し込んだ。

ローマ先制! 一人少ないユナイテッドは苦しい。

後半もローマペースで始まり、2点目も時間の問題かと思われた後半15分。

クリスティアーノ・ロナウドがドリブルからうまくスペースにボールを出し、右サイドのスールシャールからゴール左で待つルーニーにクロス。

これをルーニーは胸でワントラップして迫るDFをかわし、なおもGKの動きを見る落ち着き払った動きでシュートを決める!

これは素晴らしいゴール!
そして大きなアウェイでの1点。

それにしてもルーニー、やっとまわってきた千載一遇のチャンスであれほど落ち着いてゴールを決めるとは。。。


ローマは負けじと後半20分、マンシーニの強烈なミドルをファン・デル・サールがはじいたところに途中出場のブチニッチがスライディングしながら押しこみ2−1。

その後も3点目を狙ったローマだったが、そのまま試合終了。

一人少ないユナイテッドからしたら、この結果はまずまず満足できる結果だろう。
しかしローマも決して悪くない。
後半少しプレスが甘くなってしまった点を修正できれば、ベスト4進出の可能性は高いと見る。

注目のC.ロナウド・・・スコールズの退場によりちょっと評価するのが難しいところだけど、以前よりゴールに直結するプレイが増えていることは確かである。


チェルシーvsバレンシア(1−1)



期待に違わず好ゲーム!
特に前半、ありえないほどのスピードのパスを1タッチ、2タッチで華麗に繋いでいくチェルシーとコンパクトで迫力のあるカウンターサッカーを見せるバレンシアの攻防は見所十分。

「得点こそないけれど、お腹一杯だ〜」・・・と思っていた前半30分。
バレンシア、シルバの素晴らしいミドルシュートが決まる。

後半に入って、チェルシーの反撃。
ドログバが制空権を握り、ロングボールからのチャンスが増える。

後半8分、キーパーカニサレスのゴールキックがチェルシー、A.コールにパスする形になり、すぐにロングボールが入る。嫌なバウンドに反応するバレンシアDFに競り勝ったドログバがヘディングで押し込み、ゴール!

ちょっとあっけない形でチェルシーが同点に追いつく。

その後はチェルシーペースとなったが、後半40分のシェフチェンコのオーバーヘッドなど怒涛の攻撃をなんとか凌ぎ、そのまま試合終了。

バレンシアはアウェイで1−1のドロー。
一般的にはいい結果と言えるのだろうが、失点シーンはちょっともったいなかった。


PSV vs リバプール(0−3)

リバプールファンとしては、なんか怖さも残るPSV戦。
しかし終わってみれば3−0と完勝。

前半、ちょっと消極的に見えたリバプール。
しかしジェラードのヘディングが決まり、雰囲気が変わる。

反撃に出るPSVはミスが多い。
イージーなパスミスを繰り返し、反撃のリズムが出ない。

次の得点もリバプール。
DFのパスミスを拾ったリーセがそのまま強烈ミドルを叩き込み2点目。

さらに最後も絶好調クラウチが高いヘッドを決めて試合を決めた。
2007.04.05 Thursday | 日記 | comments(2) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

2009.09.06 Sunday | - | - | -
<< 辛らつな意見を言うオシムの勇気に少し感動 | main | 中田英寿セリエAデビュー戦2得点 <セリエA98-99シーズン開幕戦> >>
コメント
シルバのゴールもまさか入るとは思わなかったし、失点もいれると、差し引きゼロのような気がします。
| shimada | 2007/04/07 8:49 AM |
>shimadaさん
コメントありがとうございます。
シルバのシュート、確かにあんなところから打って入るとは思いませんでした。ここんところの活躍を見ると、けっこう大物になりそうな感じありますね!
バレンシアの次戦もシルバ次第でしょう。
| Yasutaka | 2007/04/07 4:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soccer-video.jugem.jp/trackback/28
トラックバック
☆チャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ☆ ローマ 2-1 マンチェスター・ユナイテッド 【ローマ】タッディ(前44)、ウ゛チニッチ(後21) 【マンU】ルーニー(後15) 何でもトッティは交通違反の常習者の様でよく捕まっているそうだ。 そ
| キングのオキラク蹴球記 | 2007/04/06 12:02 AM |
CL準々決勝 マンU、バレンシア勝利!!!
| アマデウスの錯乱? | 2007/04/05 10:59 PM |