<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

第1回「あなたが選ぶサッカースーパープレイ」・アンケート結果
1位 ジダンのスーパーボレー
2位 リバウド・伝説のオーバーヘッド
3位 ベルカンプ・W杯アルゼンチン戦の芸術的ゴール

第2回「あなたが選ぶサッカースーパープレイ」・アンケート結果
1位 ロベルトカルロス・伝説のFK
2位 中田英寿・セリエAデビュー戦2得点
3位 バッジオ・超絶トラップ

【城彰二のテクニック動画教材】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.06 Sunday | - | - | -

ウェア・80m独走スーパーゴール<セリエA 96−97 ミランvsヴェローナ>

サビチェビッチ・ヤバすぎるドリブルの回の最後に書いた選手、おわかりですね。

95−96シーズン、バッジオやサビチェビッチを上回る活躍を見せた男は「リベリアの怪人」と呼ばれたジョージ・ウェアです。


ユベントスからバッジオ、パリSGからウェアが加入したミランの95-96シーズンは、
そのウェアのゴールとバレージのゴールで2−1とパドヴァを下しスタートした。

ウェアの凄さは、その強靭な身体能力(フィジカル)だけではない。

ユベントス戦、
ワンツーで抜け出しキーパーと1対1になると絶妙のタイミングで右足をチョコンと合わせる心憎いテクニックを見せつけたり・・・

ラツィオ戦
「1人スルーパス」では素晴らしい瞬発力に裏づけされた"イリュージョン"を披露してくれた。


そんなウェアの伝説のスーパープレイと言えばやはりコレ!

96−97シーズンのセリエA開幕戦で見せた80m独走ドリブルからのゴールだ。



自陣での相手コーナーキックのボールがウェアへ。
ここからウェアが怒涛のドリブルを開始する。

止まらない・・・途中センターサークル付近でディファンダー2人に囲まれるも見事なテクニックで抜き去り、最後も「プチ1人スルー」で置き去り!

ウェアのドリブルはボールを大きく蹴り出す感じで、改めて彼の長い足とボディバランスにマッチしたドリブルなんだと思い知らされる。

シュートの判断も早い。
あそこで変な色気を出していたら、残されたDFが距離を詰めてきてどうなったかわからない。


ちなみにこの試合、ヴェローナが先制するも、シモーネ、ウェア、そしてバッジョらが後半爆発! 5−1の圧勝であった。

ウェアのゴールは後半40分すぎ・・・すでに勝負が決まってからのものだったのが、唯一残念な点である。

しかしそれが、ウェアのこのスーパーゴールの質に疑問を投げかけるものではないことは、この日サンシーロに集ったサポーターのスタンディングオベーションからも明らかである。

                                 written by yasutaka

感想、間違い報告など気軽にコメントくださいw
2007.03.27 Tuesday | スーパープレイ・ドリブル編 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.06 Sunday | - | - | -
<< 国際親善試合 日本2―0でペルー降す | main | 自動更新のサッカーニュースをブログに貼り付ける方法 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soccer-video.jugem.jp/trackback/23
トラックバック