<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

第1回「あなたが選ぶサッカースーパープレイ」・アンケート結果
1位 ジダンのスーパーボレー
2位 リバウド・伝説のオーバーヘッド
3位 ベルカンプ・W杯アルゼンチン戦の芸術的ゴール

第2回「あなたが選ぶサッカースーパープレイ」・アンケート結果
1位 ロベルトカルロス・伝説のFK
2位 中田英寿・セリエAデビュー戦2得点
3位 バッジオ・超絶トラップ

【城彰二のテクニック動画教材】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.06 Sunday | - | - | -

サビチェビッチ・ヤバすぎるドリブル<セリエA95−96 ミランvsパルマ>

あのバッジオをして「天才」と言わしめる男、デヤン・サビチェビッチ。

サビチェビッチは95−96シーズン、ミランに移籍してきたバッジオに「10番」を譲らなかった。

サビチェビッチというと、好不調の波が大きく、ハマッたときは手がつけられないけど、不調のときはいくつも決定機を逃すというイメージがある。

しかし今回紹介する動画を見ると、確かにミランの10番に恥じないパフォーマンスだ。



いや、それどころかヤバすぎる!

左サイドでボールを持ったサビチェビッチがパルマのDF2人に囲まれながら、キレキレのドリブルでチンチンにする。

ディフェンダーを完全に抜き去り、最後はサビチェビッチ→バッジオ→ゴール。
中で待つバッジオは合わせるだけとなった。

まさにキレキレ!

90年代のミランを愛するミラニスタにも人気の高いゴール。

サッカーを知らない人に
「キレキレってどういうこと?」って聞かれたら、この動画を見せ、
「これがキレキレだ!」と言おうと心に決めている(笑)

そういう意味でも、後世に語り継がなければいけないスーパープレイの1つであることは間違いない。

                                 written by yasutaka

追伸
この年のミランFW陣には、サビチェビッチ、バッジオをしのぐパフォーマンスを見せた男がいた。 その男の紹介はまた今度に!
2007.03.20 Tuesday | スーパープレイ・ドリブル編 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.06 Sunday | - | - | -
<< バッジョ 延長での決勝点 <W杯決勝トーナメント1回戦ナイジェリア戦> & 総集編 | main | デルピエロのスーパーボレー<セリエA94−95 フィオレンティーナ戦> >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soccer-video.jugem.jp/trackback/20
トラックバック